豊橋で手筒花火がみられるお祭り日程ガイド 2019年度版!

手筒花火

豊橋が発祥の地と言われている「手筒花火」

それもあってか、豊橋では打ち上げ花火よりも手筒花火の方がイベントの規模も大きいし、数も全然多いです。(豊橋在住20年以上のなべさんの個人的な感想です)

こんな自虐的ポスターが作成されるくらい、豊橋にとっては切っても切り離せないくらい生活に密着していると言っても過言ではない(?!)お祭りです。

豊橋在住の方であれば、時期が来るとそれなりに情報は入ってくるかと思いますが、そうでない方は、色々と調べ回る必要がありますよね。

僕も毎年手筒花火を楽しみにしているので、豊橋で手筒花火がみられるお祭り、今年は調べてこちらにまとめてみました!

豊橋祇園祭 神前花火奉納

まずは豊橋に夏の始まりを告げる豊橋祇園祭から!

豊橋祇園祭では、12,000発の打ち上げ花火もありますが、その前日に吉田神社境内で神前奉納の手筒花火があります。

開催日時 2019年7月19日(金)18:30〜
場所 吉田神社境内

〒440-0891 愛知県豊橋市関屋町2

 

豊橋祇園祭の神前花火奉納は、毎年7月第3週の金曜日に行われています。この手筒花火から豊橋祇園祭が始まる位置付けになっています。

手筒花火だけでなく、大筒と呼ばれる手筒花火と同じ形状をした大型筒を台の上に固定したまま揚げる花火も一見の価値ありです。この大筒は町内を氏子さんたちが担いで回った後、境内に担ぎ出されてくるもの。その昔ながらの様子もみた上で花火をみるのも良いかもしれませんね。

イベントではあるものの、昔から行われ続けている歴史ある神事の一部なので、行事が滞りなく行われるように、配慮ある見学をしたいところです。

炎の祭典

続いては、大きなイベントとしてのお祭り「炎の祭典」。

先の豊橋祇園祭は神事の一環ですが、こちらは手筒花火をはじめとした様々なイベントを楽しんでもらおうと企画されていいます。

しかも年度内に3回開催されることが決まっています。

第24回炎の祭典〜炎の舞〜

開催日時 2019年9月14日(土)15日(日)

両日とも開場17時、終演19時30分(予定)

※荒天の場合、中止となります(順延はありません)

場所 豊橋公園内豊橋球場特設会場

豊橋鉄道市内線:豊橋公園前電停下車

※駐車場はありませんので公共交通機関を利用ください

チケット 【前売り券】

8月1日(木)〜9月13(金)に販売

販売場所(予定)

  • ファミリーマート(チケット販売端末)
  • セブンイレブン(チケット販売端末)
  • 炎の祭典チケットセンターウェブサイト(専用ホームページ)

【当日券】

豊橋公園内チケット販売所

※前売り券の販売状況によっては販売しないこともあるようです

 

会場のステージで行われる、多人数による同時揚げは圧巻です。他の手筒花火でなかなかみることができないので、これは特にオススメですよ。

第24回炎の祭典〜霜月炎の舞〜

開催日時 2019年11月22日(金)、24日(日)

17:00〜18:00(開場は16:00)

場所 豊橋公園吉田城址特設会場(鉄櫓前広場)

※「くろがねやぐら」と読みます

チケット、開催概要 観覧料:500円(イス席、みそおでん付き)

【申し込み・問い合わせ】

豊橋観光コンベンション協会

0532−54−1484

 

炎の祭典は、先に書いた「炎の舞」に加えて、11月(霜月)にも開催されるようになりました。

炎の舞と比べるとややスケールは小さくなりますが、吉田城址の鉄櫓をバックに揚げられる手筒花火は、戦国時代当時のイメージが湧いてくる感じもあって(個人的感想ですが・・・)かなり勇壮な感じがありますよ。

第24回炎の祭典〜弥生炎の舞〜

開催日時 2020年3月28日(土)、24日(日)

18:00〜19:00(開場は17:00)

場所 豊橋公園吉田城址特設会場(鉄櫓前広場)

※「くろがねやぐら」と読みます

チケット、開催概要 観覧料:500円(イス席、みそおでん付き)

【申し込み・問い合わせ】

豊橋観光コンベンション協会

0532−54−1484

 

こちらは翌年3月(弥生)に開催される炎の祭典です。

詳細はまだ決まっていませんが、霜月の舞同様に、鉄櫓をバックにした手筒花火をみられるチャンスですね。

羽田八幡宮例大祭(羽田祭)

豊橋三大祭の一つと言われている羽田八幡宮の祭事で行われている手筒花火です。

開催日時 2019年10月5日(土)6日(日)

例年10月第1土・日曜開催

場所 羽田八幡宮

〒441−8019 愛知県豊橋市花田町斉藤54

JR・新幹線・名鉄豊橋駅西口から徒歩約10分のところです

豊橋駅周辺の20ヵ町の氏子さんたちが集い、五穀豊穣を祈願して手筒花火を約800本(!)を2日間かけて奉納します。

先に書いた豊橋祇園祭、炎の祭典よりも手筒花火の多さは群を抜いています。迫力ある火花そして爆音と、手筒花火を堪能したい方には、ぜひオススメしたいお祭りです。

こちらも豊橋祇園祭同様、昔から行われ続けている歴史ある神事の一部なので、行事が滞りなく行われるように、配慮ある見学をしたいところですね。

(番外)横浜で手筒花火見られるかも!

手筒花火というと、豊橋を中心とした東三河地区でしかみられないのですが、ここ数年、なんと横浜で年に1回みられるイベントが開催されていました。

もしかすると今年もあるかもしれないので、関東圏の手筒花火ファンの皆さんは要チェックですよ!

イベント名 全国ふるさとフェア
開催日時 2019年11月2日(土)〜4日(月:祝) 10時〜18時
場所 横浜赤レンガ倉庫・イベント広場

〒231−0001神奈川県横浜市中区新港1-1-1

 

手筒花火が行われるかどうかについては、現時点(2019年5月末)ではまだ発表されていません。ただ公式HPの写真に掲載されていますので、もしかしたら今年もあるんじゃないかな?と予想しています。

もし昨年同様に開催されるとしたら、昨年はイベント中日の3日17時〜実施されていましたので、同じようなタイミングになるのではないかと思います。

本数は13本と少なめですが、関東で手筒花火を間近でみられるチャンスはここだけです。

ぜひその迫力を間近でみていただきたいですね!

まとめ

まだ詳細が上がっていないイベントもありますが、スケジュールはおおよそ決まっていますので、手筒花火を今年こそはみてみたい、という方は予定を入れてみてはいかがでしょうか?

人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で取り上げられて以来、どの手筒花火も、多くの方が集まって来られている印象があります。ただ、あの番組では花火の爆音がリアルに使われていなかったこともあって、迫力が控えめな感じに伝わってしまっていたなぁという印象を持っています。

テレビ越しに見るのと、生で見るのとは火花の飛び散り具合に爆音も、全く迫力が違いますからね!

ぜひとも生でご覧いただけたらと思います!

投稿日:
カテゴリー: 旅行

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

email confirm*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)