ひかりレールスターがこだま運用で走る列車を総調べ〜座席表もご紹介

山陽新幹線のひかりレールスター。

山陽新幹線のひかりレールスター専用車両として、当時の最新鋭車両だった700系をベースに作られた車両です。

のぞみやひかりとは違った車内設備とサービスで、より速く、より快適な新幹線の旅を提供してくれた車両でした。

そんなひかりレールスターですが、デビューからかなりの年数が経過していて、その役割を九州新幹線直通の「さくら」にほぼ交代。

ひかりレールスターとして走るのはまれで、山陽新幹線のこだま用として運用されるようになっています。

とはいえ、快適な車内設備はそのまま使われているので、N700系や700系車両の普通車よりも、かなり快適に過ごせるようになっています。

山陽新幹線でこだまに乗る時は、より快適なひかりレールスターに乗ってみたい、そう考える方もいらっしゃるのでは?

そこで、この記事では、山陽新幹線のこだまがひかりレールスターを使って走っている車両とその車両設備、さらに座席表とオススメの座席についてまとめてみました。

※2019年11月20日以降のダイヤに対応しています

ひかりレールスターがこだま運用で走る列車

山陽新幹線では、N700系・ひかりレールスター・500系がこだまとして走っています。

ここでは、ひかりレールスターが使われているこだまをまとめました。

上り(新大阪方面行き)

列車 備考
こだま722号
福山発、新大阪行き
4号車自由席
こだま726号
広島発、岡山行き
こだま728号
新岩国発、新大阪行き
こだま732号
博多発、岡山行き
こだま734号
博多発、岡山行き
こだま736号
博多発、岡山行き
こだま738号
博多発、岡山行き
こだま744号
博多発、新大阪行き
こだま746号
博多発、新大阪行き
こだま748号
博多発、新大阪行き
こだま750号
博多発、岡山行き
こだま752号
博多発、新大阪行き
こだま754号
博多発、新大阪行き
こだま756号
博多発、岡山行き
こだま758号
博多発、新大阪行き
こだま760号
博多発、岡山行き
こだま766号
博多発、岡山行き
4号車自由席
こだま768号
博多発、福山行き
4号車自由席
こだま858号
博多発、新下関行き
全車自由席

下り(博多方面行き)

列車 備考
こだま853号
新山口発、博多行き
全車自由席
こだま823号
広島発、博多行き
4号車自由席
こだま859号
新下関発、博多行き
全車自由席
こだま721号
岡山発、広島行き
全車自由席
こだま723号
岡山発、博多行き
こだま725号
岡山発、広島行き
4号車自由席
こだま727号
岡山発、博多行き
こだま729号
姫路発、博多行き
こだま733号
新大阪発、博多行き
こだま735号
岡山発、博多行き
こだま737号
新大阪発、博多行き
こだま739号
新大阪発、博多行き
こだま743号
岡山発、博多行き
こだま747号
岡山発、博多行き
こだま749号
岡山発、博多行き
こだま751号
岡山発、博多行き
こだま825号
広島発、博多行き
4号車自由席
こだま757号
新大阪発、博多行き
こだま761号
新大阪発、広島行き
こだま763号
岡山発、新山口行き
こだま767号
新大阪発、広島行き
こだま771号
新大阪発、岡山行き

スポンサーリンク




こだま運用時のひかりレールスターの座席表

ひかりレールスターは全て8両編成です。

全車普通車の扱いで、グリーン車の設定はありません。ですが、グリーン車なみの座席を使っている号車があります。

また、ひかり運用時とは異なり、こだま運用時は使えない座席があります。

1号車(自由席)

2号車(自由席)

3号車(自由席)

4号車(指定席、一部自由席)

4号車は基本、指定席ですが、列車によって自由席の場合があります。

左右ともに2列の座席配置となっていて、グリーン席なみの座席が設定されています。

5号車(指定席、全車自由席時は自由席)

5号車は基本、指定席ですが、全車自由席で運行する場合に自由席となります。

左右ともに2列の座席配置となっていて、グリーン席なみの座席が設定されています。

また、5号車には最前列と最後列に、コンセントがついたオフィスシートがあります。座席表のオレンジの場所が、オフィスシートになります。

6号車(指定席、全車自由席時は自由席)

6号車は基本、指定席ですが、全車自由席で運行する場合に自由席となります。

左右ともに2列の座席配置となっていて、グリーン席なみの座席が設定されています。

また、6号車には最前列と最後列に、コンセントがついたオフィスシートがあります。座席表のオレンジの場所が、オフィスシートになります。

7号車(自由席)

7号車には最前列と最後列に、コンセントがついたオフィスシートがあります。座席表のオレンジの場所が、オフィスシートになります。

また、左右ともに2列の座席配置となっていて、グリーン席なみの座席が設定されています。

図にある(※)の場所は、車椅子対応スペースとなっています。

8号車(自由席)

8号車には最前列と最後列に、コンセントがついたオフィスシートがあります。座席表のオレンジの場所が、オフィスシートになります。

また、左右ともに2列の座席配置となっていて、グリーン席なみの座席が設定されています。

8号車の新大阪側には個室席がありますが、こだまで運行している時は、使用できません。

ひかりレールスターの車内設備

全車禁煙

ひかりレールスターの車両は全車禁煙です。喫煙ルームもありません。

タバコを吸いたいかたは、乗車前に済ませておきましょう。

トイレ

ひかりレールスターのトイレは、次の号車の間にあると考えていただければ、座席選びの参考になるかと思います。

  • 1号車と2号車の間
  • 3号車と4号車の間
  • 5号車と6号車の間
  • 7号車と8号車の間

座席のコンセント

ひかりレールスターでは、5号車、6号車、7号車、8号車にコンセントがあります。

各号車の最前列、または最後列の壁側にコンセントが設置されています。先に書いた座席表のオレンジ色の座席の位置にあります。

ひかりレールスター以外のこだまでコンセントが使いたい方は、こちらの記事を参考になさってください。

こだまで充電ができる列車総調べ〜コンセントの場所まで徹底紹介

スポンサーリンク




ひかりレールスターの車両

ひかりレールスターは、700系をベースにして作られた車両ということもあって、形状は700系と同じですが、デザインが特徴的です。

正面から見ると、運転席周辺がダークグレーで塗られています。

先頭と最後尾の車両の横には、英語で「Rail Star」の文字が入っています。

個人的には、この「レールスター」という言葉の響きが、速さと流麗さをイメージさせて、好きです。できれば後継出して欲しかった。

そして、車窓周辺にはダークグレーとサニーイエローの帯が先頭から最後尾まで塗られています。

新幹線といえば、白と青のラインのイメージがありましたが、500系に続いて、かなり斬新な色使いで驚いた記憶があります。

ひかりレールスターの略歴

2000年3月から運行を開始した「ひかりレールスター」の専用車両としてデビューしました。

「レールスター」という名称は、車両が走っていく姿を「レール上を駆け抜ける流星の様なイメージ」で表現したことが由来。

当時の最新鋭車両だった700系が、のぞみやひかりとして走っていましたが、より速く、より快適にという乗客のニーズに答えて作られました車両です。

全車普通車ではあったものの

  • 左右共に2列となる、グリーン席なみの座席を採用
  • 700系グリーン車同様の暖色系蛍光灯による半間接式照明の採用
  • 新幹線初の座席用コンセントを設置したオフィスシートの採用
  • 4人用個室コンパートメントの採用

など、他の車両にはない快適性を重視した車内設備が用意されました。

2011年3月の九州新幹線との相互乗り入れが始まると、その役割をN700系「さくら」と交代していくことになり、ひかりレールスターの運行本数も減少。

現在はこだまとしての運行が主な活躍の場となっています。

まとめ

デビューから20年近く経つひかりレールスターですが、まだまだこだまの主力として活躍しています。

ですが、2020年以降の新型車両の導入が進んでいくこともあって、500系同様に完全引退する時期もそう遠くないのかもしれません。

ゆったり移動できるこだまとして、山陽新幹線に乗る時は選んでみようと思います。

それではまとめです。

  • ひかりレールスターはこだまの主力、ほとんどのこだまで運用されている
  • 座席のオススメはグリーン席なみに快適な4号車〜8号車
  • コンセントが欲しい方は4号車〜8号車の最前列または最後列の座席へ

 

こだま号の記事は、他にも次のようなものがあるので、よければご覧ください。

こだまが500系運用で走る列車

こだまが500系運用で走る列車を総特集~各号車の座席表もご紹介

こだまの停車時間が長い駅

こだまで停車時間の長い駅は?降りて買物可能な10駅を徹底調べ!

こだまで新大阪〜東京を移動

こだまで新大阪〜東京を移動!所要時間と料金総まとめ【増税対応版】

こだまで名古屋〜東京を移動

こだまで名古屋〜東京を移動!所要時間と料金総まとめ【増税対応版】

こだまで京都〜東京を移動

こだまで京都〜東京を移動!所要時間と料金総まとめ【増税対応版】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)